野生(読み)ヤセイ

デジタル大辞泉の解説

や‐せい【野生】

[名](スル)
動植物が自然に山野で生育すること。「野生の猿」
「そら色の朝顔が―していた」〈寅彦・旅日記から〉
人が教育などによって整えられたりせず自然のままの状態で育つこと。
[代]一人称の人代名詞。男子が自分をへりくだっていう語。近世に多用される。〈書言字考節用集〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やせい【野生】

[0] ( 名 ) スル
動植物が山野に自然に成長・生育していること。 「 -の根菜類」 「鹿が-している場所」
人が、教育などによって教えられずに、まったく自然のまま生まれ育つこと。
[1] ( 代 )
一人称。(男子が)自分のことを謙遜していう語。小生。拙者。 〔書言字考節用集〕 → 野性(補説欄)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

や‐せい【野生】

[1] 〘名〙
動植物が、山野で自然に育ち、生きていること。人によって飼いならされたり栽培されたりしたものではないこと。また、その動植物。
※大和本草(1709)八「すずめうり(和品)〈略〉野生す」
※動物小学(1881)〈松本駒次郎訳〉上「曾て人に畜養せられ後ち放たれて野棲せしものの」 〔斉民要術‐種蘘荷芹
② 転じて、人が、ゆがめられたり整えられたりしていない自然のままの状態で育つこと。野そだちであること。
※坑夫(1908)〈夏目漱石〉「此小僧は全く野生(ヤセイ)で、丸で礼を云ふ事を知らないんだった」
[2] 〘代名〙 自称。男子が謙遜(けんそん)していう語。近世に多用される。野子(やす)。〔書言字考節用集(1717)〕
古道大意(1813)上「野生に於ては、秘し申す儀、さらさらござなく候」 〔魏志‐胡昭伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野生の関連情報