コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野生 ヤセイ

デジタル大辞泉の解説

や‐せい【野生】

[名](スル)
動植物が自然に山野で生育すること。「野生の猿」
「そら色の朝顔が―していた」〈寅彦・旅日記から〉
人が教育などによって整えられたりせず自然のままの状態で育つこと。
[代]一人称の人代名詞。男子が自分をへりくだっていう語。近世に多用される。〈書言字考節用集〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やせい【野生】

[0] ( 名 ) スル
動植物が山野に自然に成長・生育していること。 「 -の根菜類」 「鹿が-している場所」
人が、教育などによって教えられずに、まったく自然のまま生まれ育つこと。
[1] ( 代 )
一人称。(男子が)自分のことを謙遜していう語。小生。拙者。 〔書言字考節用集〕 → 野性(補説欄)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

野生の関連キーワードナツズイセン(夏水仙)アニマルトラッキングバードサンクチュアリ野生動植物種保存法世界自然保護基金ブッシュミート野生動物専門医マンダルゴビバラ(薔薇)ジーンバンクジビエ料理マスタングアダムソンムスタング形質導入シートン山海石榴カーソンベンガル独楽鼠

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野生の関連情報