コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マヌエル=センデロの最後の歌 マヌエルセンデロノサイゴノウタ

デジタル大辞泉の解説

マヌエルセンデロのさいごのうた【マヌエル=センデロの最後の歌】

《原題、〈スペイン〉La última canción de Manuel Senderoドルフマンの小説。1982年刊。ピノチェト軍政下の恐怖と悲惨を背景に、この世に生まれ出ることを拒否する胎児の反乱を寓話的手法を交えて描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

マヌエル=センデロの最後の歌の関連キーワードマトス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android