コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マノクワリ Manokwari

世界大百科事典 第2版の解説

マノクワリ【Manokwari】

インドネシア,ニューギニア島西部,チェンドラワシ(ドベライ)半島北東端の港町。小さなドレ湾の北にある良港であるが,高温多湿のためあまり健康地ではない。18世紀末にイギリス商人が香料収集のため来住し,1855年からはドイツ宣教師団が布教基地とした。96年以降ニューギニア北西部地方でのオランダ地方政庁の所在地とされた。現在は小造船所,製材所,農業試験場などが置かれる。太平洋戦争で戦場となった。【別技 篤彦】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

マノクワリの関連キーワードパプアバラット州

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マノクワリの関連情報