コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マハーバンドゥーラ Maha Bandoola

世界大百科事典 第2版の解説

マハーバンドゥーラ【Maha Bandoola】

1782‐1825
第1次ビルマ戦争のときビルマ軍を指揮した司令官。アロン郡ヌガパイン村の出身で,幼名はマウン・イ。ボードーパヤー王の皇太子に仕えたが,皇太子の死後その子サガイン侯に仕えた。1813年ダバイン太守に任ぜられ,ボードーパヤー王のアッサム遠征やマニプル遠征に従軍して数々の勲功をたてた。21年のマニプル追討のときは参謀,アッサム攻略では副司令官を務め,23年シンマピュー島の帰属をめぐってインドと衝突が起きると司令官に任命された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

マハーバンドゥーラの関連キーワードバジードー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android