コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マハールワーリー制度 マハールワーリーせいど Mahālwārī System

1件 の用語解説(マハールワーリー制度の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マハールワーリーせいど【マハールワーリー制度 Mahālwārī System】

19世紀にイギリス植民地政府によって,インドのウッタル・プラデーシュ,北西州,パンジャーブなどで実施された徴税制度。グラマワーリーGramawārī制度とも呼ばれるマハールとは〈区画〉の意。ライーヤトワーリー制度のように,個別の土地所有者と地税徴収契約を結んだり,あるいはザミーンダーリー制度のように大地主との契約,土地の競売といった内容ではなく,複数の〈区画〉または村落全体に対して地税を課する制度である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マハールワーリー制度の関連キーワードイギリス経験論イギリス東インド会社イギリス連邦ケープ植民地イギリスオランダ戦争イギリスビルマ戦争フレンチインディアン戦争イギリス巻コロニアルスタイルイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone