区画(読み)くかく

精選版 日本国語大辞典「区画」の解説

く‐かく ‥クヮク【区画】

〘名〙 ある物をしきって別すること。また、そのしきられた一つ一つ。しきり。境界。
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉六「外敵に向ふの時に至りては、封建制度の区画全く無用のものとなれり」
※道路交通法(1960)二条「縁石線又はさくその他これに類する工作物によって区画された道路の部分をいう」 〔福恵全書‐編審部・総論〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「区画」の解説

く‐かく〔‐クワク〕【区画/区×劃】

[名](スル)土地などをいくつかの部分に区切ること。また、その区切った一つ一つ。「小さく―した分譲地」
[類語]地域境界きょうかい境界線仕切り境目さかいめきわ分かれ目分界臨界いきボーダーライン区域地区地方方面一円一帯地帯界隈かいわい土地境域さかい領域エリアゾーン範囲

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android