区画/区劃(読み)クカク

精選版 日本国語大辞典の解説

く‐かく ‥クヮク【区画】

〘名〙 ある物をしきって区別すること。また、そのしきられた一つ一つ。しきり。境界。
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉六「外敵に向ふの時に至りては、封建制度の区画全く無用のものとなれり」
※道路交通法(1960)二条「縁石線又はさくその他これに類する工作物によって区画された道路の部分をいう」 〔福恵全書‐編審部・総論〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android