区画/区劃(読み)クカク

精選版 日本国語大辞典の解説

く‐かく ‥クヮク【区画】

〘名〙 ある物をしきって区別すること。また、そのしきられた一つ一つ。しきり。境界。
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉六「外敵に向ふの時に至りては、封建制度の区画全く無用のものとなれり」
※道路交通法(1960)二条「縁石線又はさくその他これに類する工作物によって区画された道路の部分をいう」 〔福恵全書‐編審部・総論〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android