コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北西州 ほくせいNorth-West

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北西〔州〕
ほくせい
North-West

南アフリカ共和国中北部の州。州都はマフィケング。1994年トランスバール州の一部とケープ州の一部を合わせて新設された。北と北西でボツワナに接する。アフリカ南部の比較的平坦な内陸高地草原(ハイベルト)にあり,北は間欠河川のモロポ川,南はバール川によってかぎられる。ほとんどがサバナと有刺植物の草原で,南部には塩湖がある。夏は暑く,年間降水量は約 500mm。黒人が人口の 9割以上を占め,そのほとんどがツワナ語を話す。白人は 1割未満で,おもにアフリカーンス語を用いる。州全域でトウモロコシやラッカセイが,北東部でタバコ,コムギ,柑橘類が栽培され,ウシやヒツジの大規模な放牧も行なわれる。ウィットウォーターズランドの西部を構成し,クレルクスドルプ金鉱を有するなど鉱業も盛んで,ダイヤモンド,クロム鉄鉱,プラチナ,ウランなどを産出する。中心都市はクレルクスドルプとポチェフストルームで,ポチェフストルームには大学がある。面積 11万6320km2。人口 337万4200(2006推計)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北西州
ほくせいしゅう
North-West

南アフリカ共和国北部の州。1993年末の暫定憲法の成立により、従来の4州が9州に再編されたのに伴い、旧トランスバール州の西部と旧ケープ州の北部が合併して北西州となった。旧ボプタツワナ・ホームランドを含む。面積11万6320平方キロメートル、人口335万2000、うち黒人300万8000、白人27万2000、カラード(混血)6万1000、インド人1万1000(1996)。都市化率は31.6%と低い。州都はマフィケン。南アGDP(国内総生産)に占める同州の割合は6.9%と低い。主要産業は鉱業、商業、製造業、農業の順となっている。1人当りの所得は6428ラント(1994)と全国平均9461ラントを下回っている。[林 晃史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

北西州の関連キーワードケープ(南アフリカ共和国)モロクウェン・クレーターフレーデフォートフレーデフォートドームピラネスバーグ国立公園フレデフォート・ドームウエスタン・クロム鉱山マハールワーリー制度スティルフォンテーンプレトリア国立動物園ラステンバーグ鉱山クラークスドルプフレデフォートザミーンダールモラーダバードカールトンビルリヒテンブルクルステンブルクフレーブルグサンシティー

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

北西州の関連情報