コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マヘーンドラパーラ Mahēndrapāla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マヘーンドラパーラ
Mahēndrapāla

インド,プラティーハーラ朝の王 (在位 885頃~908頃) 。父ボージャ1世のあとをうけ,カナウジに都して,北インドを支配。パーラ朝を押えて北ベンガルまで進出し,王朝最盛期を現出させた。その後ラーシュトラクータ朝の攻撃を受け,王朝は衰えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マヘーンドラパーラの関連キーワードラージャシェーカラ

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android