マヘーンドラパーラ(英語表記)Mahēndrapāla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マヘーンドラパーラ
Mahēndrapāla

インド,プラティーハーラ朝の王 (在位 885頃~908頃) 。父ボージャ1世のあとをうけ,カナウジに都して,北インドを支配。パーラ朝を押えて北ベンガルまで進出し,王朝最盛期を現出させた。その後ラーシュトラクータ朝の攻撃を受け,王朝は衰えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android