ボージャ1世(読み)ボージャいっせい(英語表記)Bhōja I

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ボージャ1世」の解説

ボージャ1世
ボージャいっせい
Bhōja I

[生]?
[]885
北インド,プラティーハーラ朝第7代の (在位 836頃~885) 。ミヒラ別名でも知られる。の時代に南のラーシュトラクータ朝に敗れて一時衰えたが,彼が 836年頃カナウジで即位すると,たちまち国力を回復し,さらに四方を征服した。西はシンド地方のアラブと,東はベンガルパーラ朝を接し,北はサトレジ川ヒマラヤ山脈までを,南はナルバダ川までを支配して,北インドの大部分を支配下においた。その治世は 50年に及んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android