コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリ遺跡 マリいせきMari

1件 の用語解説(マリ遺跡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マリ遺跡
マリいせき
Mari

シリアのユーフラテス川中流域にある古代遺跡。現代名はテル・ハリリ。 1933年フランスの A.パロにより発掘が開始された。ウル第1王朝の秘宝,前3千年紀後半の神殿,前 18~17世紀の神殿と王宮,新アッシリア時代のジッグラトが発掘された。王宮はハンムラビと同時代のジムリ・リム王が築いたもので,部屋の数は約 260あり,中からマリ文書と呼ばれる2万枚以上の粘土板が発見された。この発見により,バビロンのハンムラビの年代が確定し,さらに当時の国際関係が明らかになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マリ遺跡の関連情報