コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリ遺跡 マリいせきMari

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マリ遺跡
マリいせき
Mari

シリアのユーフラテス川中流域にある古代遺跡。現代名はテル・ハリリ。 1933年フランスの A.パロにより発掘が開始された。ウル第1王朝の秘宝,前3千年紀後半の神殿,前 18~17世紀の神殿と王宮,新アッシリア時代のジッグラトが発掘された。王宮はハンムラビと同時代のジムリ・リム王が築いたもので,部屋の数は約 260あり,中からマリ文書と呼ばれる2万枚以上の粘土板が発見された。この発見により,バビロンのハンムラビの年代が確定し,さらに当時の国際関係が明らかになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マリ遺跡の関連キーワード世界のおもな美術館メソポタミアアレッポ楔形文字ササン朝

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android