マルコム・ハーン(英語表記)Malkom Khān

世界大百科事典 第2版の解説

マルコム・ハーン【Malkom Khān】

1833‐1908
近代イランの改革思想家。イスファハーンのアルメニア人家庭に生まれ,イスラムに改宗した。1843年,フランスに留学,帰国後フリーメーソン組織をつくって活動したため,61年国外に追放された。72年までイスタンブールに滞在,立憲思想の影響を受けた。73年,追放を解除されロンドン駐在代理大使に任命された。89年罷免されてからは,《カーヌーン》紙を創刊し,イラン政府を批判した。1908年,スイスで客死した。【加賀谷 寛】【坂本 勉】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android