コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルコム・ハーン Malkom Khān

1件 の用語解説(マルコム・ハーンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マルコム・ハーン【Malkom Khān】

1833‐1908
近代イランの改革思想家イスファハーンアルメニア人家庭に生まれ,イスラムに改宗した。1843年,フランスに留学,帰国後フリーメーソン組織をつくって活動したため,61年国外に追放された。72年までイスタンブールに滞在,立憲思想の影響を受けた。73年,追放を解除されロンドン駐在代理大使に任命された。89年罷免されてからは,《カーヌーン》紙を創刊し,イラン政府を批判した。1908年,スイスで客死した。【加賀谷 寛】【坂本 勉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マルコム・ハーンの関連キーワード近代主義リオタールアフガーニーイランイラン思想家自由思想家扶植ブラフマサマージムハンマドアブドゥフ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone