コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルコム・ハーン Malkom Khān

世界大百科事典 第2版の解説

マルコム・ハーン【Malkom Khān】

1833‐1908
近代イランの改革思想家。イスファハーンのアルメニア人家庭に生まれ,イスラムに改宗した。1843年,フランスに留学,帰国後フリーメーソン組織をつくって活動したため,61年国外に追放された。72年までイスタンブールに滞在,立憲思想の影響を受けた。73年,追放を解除されロンドン駐在代理大使に任命された。89年罷免されてからは,《カーヌーン》紙を創刊し,イラン政府を批判した。1908年,スイスで客死した。【加賀谷 寛】【坂本 勉】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

マルコム・ハーンの関連キーワードフロランハーシェル国木田独歩フロランしし(獅子)座流星群クロスビースロイスマーシャルルボウスキー島津重豪

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android