コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルコム・ハーン Malkom Khān

1件 の用語解説(マルコム・ハーンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

マルコム・ハーン【Malkom Khān】

1833‐1908
近代イランの改革思想家イスファハーンアルメニア人家庭に生まれ,イスラムに改宗した。1843年,フランスに留学,帰国後フリーメーソン組織をつくって活動したため,61年国外に追放された。72年までイスタンブールに滞在,立憲思想の影響を受けた。73年,追放を解除されロンドン駐在代理大使に任命された。89年罷免されてからは,《カーヌーン》紙を創刊し,イラン政府を批判した。1908年,スイスで客死した。【加賀谷 寛】【坂本 勉

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

マルコム・ハーンの関連キーワードフロラン島津重豪都築弥厚イサベル[2世]しし座流星群カルリスタ戦争工場法天保の飢饉監獄法新聞小説

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone