コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルサバ マルサバ Mar Saba

1件 の用語解説(マルサバの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

マル‐サバ(Mar Saba)

パレスチナ地方の都市ベツレヘムの東約15キロメートルケデロンの谷を望む荒涼とした岩山にある修道院。5世紀後半、カッパドキア出身の修道士、聖サバスによりに創設。現在も女人禁制であり、古い慣習や生活様式が残っていることで知られる。聖サバス修道院

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のマルサバの言及

【ゴマサバ】より

…スズキ目サバ科の海産魚(イラスト)。体型がまるいのでマルサバともいう。その名のとおり体側や腹方に小黒点が散在する。…

【サバ(鯖)】より

…このうち,グルクマは熱帯系で沖縄以南に分布し,漁獲量も少ないため,ふつうサバといえばマサバとゴマサバを指す。両種は外観がよく似ており,別名マサバはヒラサバ,ゴマサバはマルサバといわれるように体型が異なること,またマサバは背部に黒色の波状紋があるのに対し,ゴマサバは体側と腹面に小黒点があることなどで経験的に区別はされるが,外形からは判別が困難な場合もある。厳密には,背部の背びれをささえている骨の数がマサバでは16以下,ゴマサバでは17以上,第1背びれの棘(きよく)数がマサバでは10以下,ゴマサバでは11以上などにより区別される。…

※「マルサバ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

マルサバの関連キーワードベツレヘムパレスチナ暫定自治合意PLAPLFベツレヘム礼拝堂聖降誕教会パレスチナ人民連帯国際デーベツレヘムの星ベツレヘムのクリスマス国連でのパレスチナ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

マルサバの関連情報