コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女人禁制 にょにんきんせい

5件 の用語解説(女人禁制の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

女人禁制
にょにんきんせい

聖域に女性の立入ることを禁じたり,宗教儀礼から女性を締出す習俗で,主として仏教,修験道で説かれていた。女性が立入れない聖域を結界 (けっかい) と称し,「女人結界」の語もあり,比叡山高野山大峰山などは女人結界が存在することで知られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にょにん‐きんぜい【女人禁制】

《「にょにんきんせい」とも》宗教修行の地域・霊場などへの女性の立ち入りを禁止する風習。比叡山高野山などで行われたが、明治5年(1872)に立ち入りを認める政令が出て以降、ほとんど廃止となった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

にょにんきんせい【女人禁制】

性の原理に基づき一定の場所への女性の立入りを禁止する習俗。〈…きんぜい〉ともいう。女性に関する宗教的タブー多種多様であるが,一時的・限定的なタブーと永続的・恒常的なタブーとに大別できる。前者は特定の時間や場において一時的に認められるもので,神祭や正月行事などハレ(晴)の機会に女性に課される禁忌と,出産,妊娠,月経など女性特有の生理現象に伴う禁忌とがある。後者の場合は時間に制約されずつねに女性を排除すべき対象としており,これには,いうまでもなく若者組,僧侶など男性に限られる集団や組織,漁業や狩猟の習俗に認められるように男女間の労働内容の差が明確にされ,男性の労働とされるものへの女性参加が禁止されているものと,社寺や山岳など一定の聖域に女性の立入りを禁ずるものとがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にょにんきんぜい【女人禁制】

〔「にょにんきんせい」とも〕
仏教の霊場や修行の場で、女子は僧の修行の障害になるとしてその立ち入りを禁ずること。また、特殊の神事に女子の参加するのを認めないこと。比叡山・高野山におけるものなどが有名だが、明治以後大部分は解禁された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

女人禁制
にょにんきんせい

霊場にて一定の地域以外に女人の入るのを禁止していること。女人結界ともいい、女人は修行者の心を乱すからという。高野山(こうやさん)、比叡(ひえい)山などがよく知られている。ほかに結界を設けた全国の霊山は相当の数に上っていた。若干の例をあげると、近畿では大和(やまと)の大峰(おおみね)山が著名であり、この地方での男子は、ここに参らないと一人前の男とされないという。四国では石鎚(いしづち)山、九州では英彦(ひこ)山、中国では大山(だいせん)、北陸では白山(はくさん)・立山(たてやま)、東北では羽黒山、関東・中部では日光男体(なんたい)山・富士山があった。このような霊山の女人禁制も明治以降しだいに緩和された。富士山も明治以後は、庚申(こうしん)の年のみ御縁年(ごえんねん)として女人の登山を許していた。また高野山のように女人堂を設けてそこまでは女子の修行者も行けるようにしたものもある。今日、女人結界となっていた霊場はほとんどが解放されている。ただ修行の道場として1年のうち若干の日数を女人禁制にする例はあるようである。女人とくに巫女(みこ)が、自分は普通の者と違って神に奉仕する者であるからといって、結界を破り登山したところ、その巫女が石と化してしまったという伝説が加賀(石川県)の白山などにある。[大藤時彦]

世界

カトリックの男子修道院には教会法の定める女人禁制(女子修道院では男子禁制)の禁域があり、他のキリスト教派にも同様の制度がある。イスラムには女性の行動を制限するパルダー慣行があるので女人禁制の必要はないが、他の制度的宗教では男性宗教者の宗教的禁欲維持上必要な女人禁制域を設定するのが一般的である。オセアニア各地の男子集会所(メンズ・ハウス)とアフリカのバントゥー系諸族に多い男子成人式用隔離小屋は未開社会の常設女人禁制域の好例だった。分業慣行に基づく男性の日常的活動の場を女人禁制とする慣習、または祭礼・通過儀礼・宗教行事に女性を参加させない(または離れた所から参加させ主要部分を女人禁制にする)慣習も前近代社会では一般的である。男子集会所を除く女人禁制慣行には女子修道院の禁域などの男子禁制慣行が対応することも多い。もっぱら男子が従事する狩猟、航海、戦闘に関し女人(とくに月経中の)禁制慣行が発達する例が多い。[佐々木明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の女人禁制の言及

【女人堂】より

…女人禁制の山岳霊場では,山ろくの女人結界地付近の堂が,登山礼拝を許されない女性たちの参籠の場となり,女人堂とよばれたが,名称や信仰形態は一様ではない。越中立山のふもとでは死者をむかえる姥をまつる姥堂,吉野大峰山の旧女人結界地には役行者(えんのぎようじや)の母をまつる母公(ははこ)堂があって,ここまでは女性の参詣が認められていた。…

※「女人禁制」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

女人禁制の関連キーワードカバリエリの原理主義立入禁止慣性の原理ジャッドの四原理電気的中性の原理女性の参画目標共起性の原理補完性の原理補足性の原理

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

女人禁制の関連情報