生活様式(読み)せいかつようしき(英語表記)ways of life

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生活様式
せいかつようしき
ways of life

狭義には特定の社会集団生活手段の所有状況,使用の様式,消費の水準や様式などをさす。しかし,人類学などにおいては概念がさらに広い。たとえば生活とその周辺の社会関係に観察される特徴的な慣習規範価値観,感情様式などが生活行事,交際などの面で具体的に現れることをも生活様式と呼び,ほぼ文化という概念と同義語に用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せいかつ‐ようしき〔セイクワツヤウシキ〕【生活様式】

ある社会・集団に属する人に共通してみられる生活の型。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せいかつようしき【生活様式 way of life】

ある社会あるいは集団の成員が共有している生活の営み方,とくに人間の基本的活動である生産(仕事),消費(余暇),再生産(家族生活)の本質と関係について共有している認識と行動の枠組みのこと。このような生活様式が民族や時代の違いによっていかに相違するものであるか,また,それだけに生活様式の洞察異文化理解にとっていかに重要であるかはあらためていうまでもない。ところで,同じ民族や国民社会の内部でも,社会的分化が進み,階級や階層間の格差が拡大し,価値観が多様化してくると,階級や世代や文化の共有を基盤とした独自の生活様式が出現することになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せいかつようしき【生活様式】

ある社会または集団の成員が共有している、生活の仕方についての認識や行動の様式。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

せいかつ‐ようしき セイクヮツヤウシキ【生活様式】

〘名〙 生活のしかた。生活していく上での一定の形式。
※古い玩具(1924)〈岸田国士〉第二場「日本の男は、完全に西洋人の真似も出来ず、さうかと云って、固有の生活様式からも遠ざかってゐるんだから」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の生活様式の言及

【ライフスタイル】より

…人々の生活様式,行動様式,思考様式といった生活諸側面の社会的・文化的・心理的な差異を全体的な形で表現したことば。当初,その考え方は社会学の分野で使われてきたが,今日ではマーケティングの分野で頻繁に使われるようになっている。…

※「生活様式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生活様式の関連情報