マルズバーン・イブン・ルスタム(英語表記)Marzbān b. Rustam b. Sharvīn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルズバーン・イブン・ルスタム
Marzbān b. Rustam b. Sharvīn

10世紀後半のイランの文人。バーワンド朝の一族出身。タバリスタンの言語タバリー語で,多数の寓話や教訓を収めた『マルズバーンの書』 Marzbān-nāmeを著わした。この書はのちに散逸し,13世紀前半にエルディグズ朝に仕えたバラービーニーによるペルシア語訳によって伝えられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android