マルズバーン・イブン・ルスタム(英語表記)Marzbān b. Rustam b. Sharvīn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マルズバーン・イブン・ルスタム
Marzbān b. Rustam b. Sharvīn

10世紀後半のイランの文人。バーワンド朝の一族出身。タバリスタンの言語タバリー語で,多数の寓話や教訓を収めた『マルズバーンの書』 Marzbān-nāmeを著わした。この書はのちに散逸し,13世紀前半にエルディグズ朝に仕えたバラービーニーによるペルシア語訳によって伝えられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android