教訓(読み)きょうくん

精選版 日本国語大辞典「教訓」の解説

きょう‐くん ケウ‥【教訓】

[1] 〘名〙 教えさとすこと。いましめること。また、その言葉や事柄
※続日本紀‐慶雲三年(706)三月丁巳「道徳仁義因礼乃弘。教訓正俗、待礼而成」
※平松家本平家(13C前)一「尚御返事も申さざりけるを、母の土地(とぢ)重て教訓しけるは」 〔礼記‐曲礼上〕
[2] 謡曲。四番目物。廃曲。作者不詳。別名「内府(だいふ)」「重盛」。「平家物語」による。平家一門の滅亡を計った後白河法皇を鳥羽北殿へ押し込めようとした父平清盛と、これをさとす子重盛をえがいた曲。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「教訓」の解説

きょう‐くん〔ケウ‐〕【教訓】

[名](スル)教えさとすこと。また、その内容・言葉。「教訓をたれる」「教訓を得る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android