教訓(読み)きょうくん

精選版 日本国語大辞典「教訓」の解説

きょう‐くん ケウ‥【教訓】

[1] 〘名〙 えさとすこと。いましめること。また、その言葉や事柄
※続日本紀‐慶雲三年(706)三月丁巳「道徳仁義因礼乃弘。教俗、待礼而成」
※平松家本平家(13C前)一「尚御返事も申さざりけるを、母の土地(とぢ)重て教訓しけるは」 〔礼記‐曲礼上〕
[2] 謡曲。四番目物。廃曲。作者不詳。別名「内府(だいふ)」「重盛」。「平家物語」による。平家一門の滅亡を計った後白河法皇を鳥羽北殿へ押し込めようとした父平清盛と、これをさとす子重盛をえがいた曲。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「教訓」の解説

きょう‐くん〔ケウ‐〕【教訓】

[名](スル)教えさとすこと。また、その内容・言葉。「教訓をたれる」「教訓を得る」
[類語]教誨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「教訓」の解説

【教訓】きよう(けう)くん

おしえる。おしえ。〔左伝、襄十三年〕楚子疾(や)む。大夫にげて曰く、不(ふこく)(諸侯自称)不にして(わか)くしてとなる。生まれて十年にして先君を(うしな)ひ、未だ師保の訓をふにばずして、多を應受す(位を承ける)。

字通「教」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android