教訓(読み)キョウクン

  • きょうくん ケウ‥
  • きょうくん〔ケウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)教えさとすこと。また、その内容・言葉。「教訓をたれる」「教訓を得る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
教えさとすこと。また、その教え。 貴重な-を得る 様々に-しこしらへられける/保元

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 〘名〙 教えさとすこと。いましめること。また、その言葉や事柄。
※続日本紀‐慶雲三年(706)三月丁巳「道徳仁義因礼乃弘。教訓正俗、待礼而成」
※平松家本平家(13C前)一「尚御返事も申さざりけるを、母の土地(とぢ)重て教訓しけるは」 〔礼記‐曲礼上〕
[2] 謡曲。四番目物。廃曲。作者不詳。別名「内府(だいふ)」「重盛」。「平家物語」による。平家一門の滅亡を計った後白河法皇を鳥羽の北殿へ押し込めようとした父平清盛と、これをさとす子重盛をえがいた曲。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

教訓の関連情報