コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教訓 キョウクン

デジタル大辞泉の解説

きょう‐くん〔ケウ‐〕【教訓】

[名](スル)教えさとすこと。また、その内容・言葉。「教訓をたれる」「教訓を得る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうくん【教訓】

( 名 ) スル
教えさとすこと。また、その教え。 「貴重な-を得る」 「様々に-しこしらへられける/保元

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

教訓の関連キーワードバガバッドギーターモラリスティック山高ければ谷深しダークツーリズムオッピアノスディダケーマニリウス頂門の一針日本永代蔵高き者の話寓意小説教訓主義続教訓鈔骨に刻む益軒十訓ホガース市場通笑グルーズ狛近真狛朝葛

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

教訓の関連情報