コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

教訓 キョウクン

デジタル大辞泉の解説

きょう‐くん〔ケウ‐〕【教訓】

[名](スル)教えさとすこと。また、その内容・言葉。「教訓をたれる」「教訓を得る」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きょうくん【教訓】

( 名 ) スル
教えさとすこと。また、その教え。 「貴重な-を得る」 「様々に-しこしらへられける/保元

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

教訓の関連キーワード山高ければ谷深しダークツーリズムモラリスティックオッピアノス道徳的小品集デトゥーシュ高き者の話頂門の一針マニリウスホガース益軒十訓グルーズ寓意小説骨に刻む端歌物純粋詩女大学狛朝葛新語園女庭訓

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

教訓の関連情報