マルチニスト会

デジタル大辞泉プラスの解説

マルチニスト会

19世紀末にフランスで医師・オカルト研究家のパピュスが組織したキリスト教神秘思想に基づく宗教的結社。組織名は、秘密結社エリュ・コーエンを創設したマルチネス・ド・パスカリおよびその弟子、ルイ・クロード・ド・サンマルタンの名にちなむ。「マルチニスト教団」ともいう。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android