コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パピュス Papus

世界大百科事典 第2版の解説

パピュス【Papus】

1865‐1916
フランスの医師,オカルト研究家。本名アンコースGerard Encausse。スペインに生まれ,若くして父の生地フランスに渡り,神智学協会に属した。ペラダンやガイタらの説くキリスト教的神秘主義にひかれて薔薇十字運動に加わり,タロットカバラの研究に没頭した。またマルティネス・ド・パスカリあるいはサン・マルタンの信奉者を統合した独自の結社〈マルティニスト教団〉を組織し,スウェーデンボリを祖としパスカリからサン・マルタンへと続くキリスト教を基本とした神秘哲学の系譜を復興させた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

20世紀西洋人名事典の解説

パピュス
Papus


1865 - 1916
フランスの医師,オカルト研究家。
スペイン生まれ。
本名Gerard〉 アンコース〈Encausse。
フランスに若くして渡る。神智学協会に属し、キリスト教的神秘主義に惹かれ、タロット、カバラの研究に没頭し、薔薇十字運動に参加。又独自の結社「マルティニスト教団」を組織し、キリスト教を基本とした神秘哲学の系譜を復興させた。著書「ジプシーのタロット」。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について | 情報

世界大百科事典内のパピュスの言及

【タロット】より

…ただし現在広く用いられているウェートA.E.Waite考案のカードでは8が〈力〉,11が〈正義〉に変えられ,0の〈愚者〉を先頭に置く。タロットの占い方には〈生命の樹法〉〈ケルト法〉等いくつかあるが,輪状配列による方法が〈普遍の鍵〉(パピュス)と称されてオカルティストたちに好まれている。TAROTという文字そのものが輪状に配列されればROTA(輪)またはTORA(律法)のアナグラムとして読むことができ,永遠に回転しつつ世界に変化をもたらす不可視の〈運命の輪(世界輪)〉の象徴となる。…

※「パピュス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

パピュスの関連キーワードサン・マルタンゲノン

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android