コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルマリス Marmaris

デジタル大辞泉の解説

マルマリス(Marmaris)

トルコ南西部の港町。古代名ピュスコスエーゲ海のマルマリス湾最奥部に位置する。古代より海上交易の拠点として栄え、16世紀にオスマン帝国スルターンスレイマン1世が築いた城塞(現在は博物館)が残っている。海岸保養地として知られ、エーゲ海の遊覧船やギリシャ領ロードス島へのフェリー発着港がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

マルマリスの関連キーワードトルコ・クーデター未遂(2016)スレイマン

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マルマリスの関連情報