マレーシア紛争(読み)マレーシアふんそう(英語表記)Malaysian Disputes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マレーシア紛争
マレーシアふんそう
Malaysian Disputes

マレーシア連邦」結成の構想をめぐって起った国際紛争。 1957年イギリス連邦内の独立国となったマラヤ連邦 (現マレーシア) のアブドゥル・ラーマン首相は,当時のマラヤ連邦とシンガポール自治領,北ボルネオ (サバ) ,サラワク植民地,ブルネイ保護領などを一つとする「マレーシア連邦」の構想を提唱した。東南アジアにおける民族主義運動の高まりに不安をいだいた旧宗主国イギリスもこれに賛成して,両者は 63年7月「マレーシア」実現のための協定に調印した。しかし,ブルネイでは連邦参加を拒否する武装闘争が起り,フィリピンは北ボルネオの領有権を主張して譲らず,シンガポールは 65年8月人種差別,代表権の不平等などを理由に連邦を脱退,分離独立した。またインドネシアのスカルノ政権も「マレーシア連邦」を新植民地主義の現れとして強い対決の姿勢をとり,マレーシアが 65年1月に国連安全保障理事会の非常任理事国に当選したため,国連を脱退した。しかしスカルノ政権は 65年の九・三〇事件で倒れ,スハルト大統領の新体制になったため,インドネシアとマレーシアの間には 66年8月和解が成立した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android