領有権(読み)りょうゆうけん(英語表記)dominion

翻訳|dominion

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

領有権
りょうゆうけん
dominiondominiumterritorial right

国や地域が一定の陸地、海域、空域を自らの領土、領海、領空として主権を行使する権利のこと。領有権は二国間の取り決めや国際条約などで定義される。国連海洋法条約では海岸線から12海里(約22キロメートル)を領海とし、海岸線から200海里を排他的経済水域(EEZ)と定めている。ある国が他国の領土の一部を租借した場合、借りた国が租借地の統治権をもつが、領有権は貸した国がもつのが一般的である。世界には、領有権が及ぶ範囲が明確に決まっていないケースも多く、豊富な天然資源や港、海峡など軍事・通商上の要衝をめぐって世界各地で紛争やトラブルが起きている。また、領有権争いのある領土を、特定の国・地域が対立国や第三国の承認を得ないまま、軍隊を置くなどして実効支配してしまう場合がある。国際法上の判例で「50年以上実効支配すれば領土として定着する」との見解もある。領有権争いなどの国家間の紛争について、国際司法裁判所は判決による平和的解決を目ざしている。
 日本をめぐっては、固有の領土である北方領土、竹島について領有権問題が起こっている。日本政府は、ロシアが実効支配する北方領土について「不法占拠であり、領土問題が存在する」と早期返還を要求している。竹島については韓国が警備部隊を常駐させ、監視所などを設けて実効支配している。これに対し、日本政府は「国際法上根拠のない不法占拠」と主張している。中国と台湾が領有権を主張する尖閣諸島(せんかくしょとう)については日本が実効支配しており、「領土問題は存在しない」との立場である。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

領有権の関連情報