コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マロー族 マローぞくMaloh; Memaloh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マロー族
マローぞく
Maloh; Memaloh

ボルネオ島,インドネシア領カリマンタンバラット州のカプアス川上流域に居住するプロト・マレー系民族。人口約1万 5000 (1991) 。マロー (ムマロー) とはおもに近隣のイバン族側からの呼び名。一般には居住地,言語上の違いからタマン族,カリス族,ウンバロー族という3つの下位集団に分れる。これらは貴族層を中心とした共通の社会階層をもち,通婚圏を形成する。親族組織は双系で,妻方居住婚の傾向がある。河川沿いの沖積地で陸稲などの焼畑耕作を行う。金属細工やビーズ工芸などの手先仕事にたけ,マロー銀細工師として知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android