コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンガン・ブルー manganese blue

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンガン・ブルー
manganese blue

絵具の色名の一つ。ミネラル・ブルーともいう。 1935年頃に考案された新しい顔料で,青緑色のこの顔料は,製法によって緑みの強いものから紫みを帯びるものまでできる。二酸化マンガン炭酸バリウム硫酸バリウムを熱してつくったもの。顔料のままでは,空気中で吸湿と酸化を起して暗色化するが,油で練り合せて絵具にすると,熱や光に強く,酸やアルカリにも強い,化学的にきわめて安定したものになる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android