コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

強い コワイ

デジタル大辞泉の解説

こわ・い〔こはい〕【強い】

[形][文]こは・し[ク]《「怖い」と同語源》
容易に言いなりにならなくて頑固である。強情である。「情の―・い子供」
かたくて扱いにくい。ごわごわしている。「―・い御飯」「髪が―・い」
力が強い。たけだけしい。
「力―・くして能(よ)く角を毀(か)き」〈垂仁紀〉
かたくるしい。
「この文の言葉、いとうたて―・く憎げなるさまを」〈・若菜上〉
[派生]こわさ[名]

つよ・い【強い】

[形][文]つよ・し[ク]
力や技がすぐれていて他に負けない。「腕力が―・い」「―・いチーム」⇔弱い
健康である。心身が丈夫である。「―・い子に育つ」「胃腸が―・い」⇔弱い
物事に屈しない精神力がある。少しのことでは参らない。ひるまない。「気の―・い人」「―・い信念」「見かけよりしんが―・い」⇔弱い
環境や条件に屈しない。物事に耐える力がある。「熱に―・い材質」「不況に―・い業種」「兄は酒に―・い」⇔弱い
程度や度合いが大きい、また、はなはだしい。「風が―・く吹く」「真夏の―・い日ざし」「―・い酒」「度の―・い眼鏡」「責任感が―・い」「関心が―・い」⇔弱い
ゆるみがない。かたい。「ねじを―・く締める」「手を―・く握る」⇔弱い
断固としている。きびしい。「―・い口調」「―・く𠮟る」⇔弱い
はっきりしている。明確である。「―・い線の文字」「コントラストが―・い」⇔弱い
得意とする。「数字に―・い」⇔弱い
[派生]つよがる[動ラ五]つよげ[形動]つよさ[名]つよみ[名]
[下接句]悪に強いは善にも強い押しが強い我(が)が強い気が強い腰が強い心臓が強い善に強い者は悪にも強い鼻っ柱が強い目角(めかど)が強いペンは剣よりも強し

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こわい【強い】

( 形 ) [文] ク こは・し
〔「怖こわい」と同源〕
(物が)かたくて処理しにくい。弾力がない。 「 - ・い毛」 「 - ・い飯」
気が強くて、こちらの思い通りにならない。強情だ。 「情の-・い奴ぢやな/阿部一族 鷗外
疲れる。骨が折れる。 「この仕事は-・い」
つよくはげしい。たけだけしい。 「疾き足をいたして-・き力をはげみて/宇津保 俊蔭
征服するのが困難だ。手に余る。 「 - ・き物の怪にあづかりたる験者/枕草子 157」 「坂の-・きを登り侍りしかば/大鏡 道長
生硬だ。こなれていない。無骨だ。 「この文の言葉いとうたて-・くにくげなるさまを/源氏 若菜上
[派生] -げ ( 形動 )

つよい【強い】

( 形 ) [文] ク つよ・し
力量や技量がすぐれている。 「腕力が-・い」 「 - ・い力士」 「彼は碁が-・い」
丈夫で物事に耐える力がすぐれている。抵抗力がある。 「 - ・い体」 「アルコールに-・い体質」 「地震に-・い建物」 「 - ・いナイロン糸」
精神的に抵抗力がある。多少のことでは動じない。 「 - ・い心」 「 - ・い意志」 「正身は-・う思し離るとも/源氏 夕霧
(ある分野に対して)知識や能力を十分にもっている。 「スポーツに-・い」 「機械に-・い」
作用の度合が大きい。程度がはげしい。 「 - ・い風雨」 「 - ・い日ざし」 「 - ・い火」 「 - ・い酒」 「 - ・い臭気」 「うぬぼれが-・い」
ゆるみがない。かたい。 「 - ・く結ぶ」 「本妻-・くものし給ふ/源氏 夕霧
明瞭である。はっきりしている。 「輪郭の線が-・い」
▽↔ 弱い
[派生] -が・る ( 動五[四] ) -げ ( 形動 ) -さ ( 名 ) -み ( 名 )
[慣用] 押しが- ・我が- ・腰が- ・心臓が- ・鼻っ柱が- / 意を強くする ・ペンは剣よりも強し
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

強いの関連キーワードタッチ[touch]竜に翼を得たる如し耐熱性プラスチック耐油性プラスチックリッジリフトスプーキー強い人工知能暴風の法則ビターズ鬼に金棒荒原植物塩素酸牽牛子はね波金剛力虎に翼春一番リスト強がる強い力

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

強いの関連情報