コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンクヌガラン宮 マンクヌガランきゅう

1件 の用語解説(マンクヌガラン宮の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

マンクヌガランきゅう【マンクヌガラン宮】

インドネシアのジャワ島中部の古都スラカルタ(通称ソロ)にある王宮跡。スラカルタ王国の初代の王マンクヌゴロにより1757年に建てられた。王宮内にはジャワ様式のプンドポ(大広間)を中心にいくつもの建物があり、ケリスなどの伝統的な武器や中国の骨董品などのかつての王家のコレクションが展示されている。◇正式名称は「Pura Mangkunegaran」。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マンクヌガラン宮の関連キーワードインドネシアジョクジャカルタプルウォクルトインドネシア国民党サマランバンタムジャガタラインドネシアの恋唄ラウー[山]ジャワ種 (Java)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone