コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マングイシラク半島 マングイシラクはんとうpoluostrov Mangyshlak

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マングイシラク半島
マングイシラクはんとう
poluostrov Mangyshlak

カザフスタン南西部,マングイシラク州にある半島で,カスピ海北東部に突出する。砂漠地帯に属し,中央部には丘陵があり,最高点は標高 556mに達するが,沿岸部には海面下の低地が続き,南部のカラギエでは海面下 132mになる。石油,天然ガスの開発で有名になった。沿岸にアクタウなどの港がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マングイシラク半島の関連キーワードウスチュルト高原チュレーニイ諸島

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android