コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンダレーの大理石工房 マンダレーのだいりせきこうぼう

世界の観光地名がわかる事典の解説

マンダレーのだいりせきこうぼう【マンダレーの大理石工房】

ミャンマー中央部、同国第2の都市マンダレーにある大理石の工房。職人の町としての顔を持つマンダレーは、人形工房や金箔工房など、ある決まったエリアにさまざまな工房が集まっている。同市街南部のマハムニパヤー周辺に、大理石を使って仏像や石版を作る工房が軒を連ねる一角がある。マンダレーの北約30kmのサジン山は良質な大理石の産地で、この大理石を使った大理石彫刻が盛んにここでつくられた。完成した大理石の仏像は、東南アジア各国、中国、香港などにも輸出されている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android