コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンダ教徒 マンダきょうとMandaeans

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンダ教徒
マンダきょうと
Mandaeans

古代から中世を経て,イラク南部およびイラン南西部 (フージスターン地方) に現存する一宗派。みずからはマンダイアといい,これはグノーシス主義者を意味している。3世紀までに発生したと思われるがつまびらかでない。発生地はメソポタミア南西部ともパレスチナともいわれ,ユダヤ教の影響も強い。グノーシス主義の教説も多く取入れられているが,他のグノーシスと異なり,浸礼を重視,イエスを偽預言者とするが,バプテスマヨハネは尊敬する。中世の近東旅行記にすでに「聖ヨハネのキリスト者」という名でその教派の存在が示されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マンダ教徒の関連キーワードヨハネ[バプテスマの]ナザレ人

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android