コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンハ manha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンハ
manha

砂漠に形成される砂丘の一種。風上側に凹地があるのが著しい特徴。砂質堆積物から成る砂の供給地付近にある。一般に植生におおわれる。このことは,過去の形成物が,安定期間をおいたのちに風食を受けはじめたことを示す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

マンハの関連キーワードモーツァルト:ピアノ・ソナタ 第7番 ハ長調/piano soloモーツァルト:ピアノ・ソナタ 第9番 ニ長調/piano soloON THE 5th ヴィレッヂからハーレムまでヨハン・ヴェンツェル・アントン シュターミツチェース・マンハッタン・コーポレーションふっくら仕立てのフードジャーキーシュターミツ カール・フィリップグルメセレクション ふっくらチェース・マンハッタン銀行マンハッタン・カクテルA.L. ガラバグリアチェース・マンハッタン和鶏やわらか軟骨サンドスパニッシュハーレムスイートベルモットグリニッジビレジイーストビレッジタイムズスクエアセントラルパークE. ガウクラー

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android