コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マンハ manha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

マンハ
manha

砂漠に形成される砂丘の一種。風上側に凹地があるのが著しい特徴。砂質堆積物から成る砂の供給地付近にある。一般に植生におおわれる。このことは,過去の形成物が,安定期間をおいたのちに風食を受けはじめたことを示す。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

マンハの関連キーワードモーツァルト:ピアノ・ソナタ 第9番 ニ長調/piano soloモーツァルト:ピアノ・ソナタ 第7番 ハ長調/piano soloON THE 5th ヴィレッヂからハーレムまでヨハン・ヴェンツェル・アントン シュターミツチェース・マンハッタン・コーポレーションふっくら仕立てのフードジャーキーシュターミツ カール・フィリップグルメセレクション ふっくらチェース・マンハッタン銀行A.L. ガラバグリア和鶏やわらか軟骨サンドマンハッタン・カクテルチェース・マンハッタンスパニッシュハーレムスイートベルモットタイムズスクエアE. ガウクラーキャティーちゃんグリニッジビレジセントラルパーク

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android