マーシャリング

ASCII.jpデジタル用語辞典「マーシャリング」の解説

マーシャリング

異なる2つのシステム間で、データを交換できるようにデータを操作する処理。たとえばJavaプログラムからWindowsシステムを直接呼び出せるようにしたJ/Directでは、JavaとC言語のデータ型の違いを吸収するために、Java VMとDLLの間でデータ型を変換する必要がある。この処理はマーシャリングと呼ばれる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「マーシャリング」の解説

マーシャリング(marshalling)

航空機のランプ駐機場)発着時や牽引(けんいん)時に、地上係員が機長合図をして航空機を誘導すること。その誘導を行う人をマーシャラーという。
異なるコンピューターシステムやプログラミング言語の間で、データをやり取りできるようにするための処理。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android