コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マーライオン Merlion

翻訳|Merlion

デジタル大辞泉の解説

マーライオン(Merlion)

シンガポールにある、ライオンの頭部と魚の体をもつ彫像。高さ8.6メートル、重さ70トンで、口から噴水のように水を放出する。1972年に政府観光局のシンボルとして設置。ライオンは、11世紀にマレーシアの王族がシンガポールを再発見した際に見たという伝説から、魚の体は、同地にあった古代都市の名がテマセック(海の意)であったことにちなむ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

マーライオン【merlion】

上半身はライオン、下半身は人魚の姿をした伝説上の動物。シンガポールの象徴とされる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

マーライオンの関連キーワードセントサ島のマーライオンシンガポール(都市)シンガポール(国)マウントフェーバーエリザベスウォークリー・クワンユーマーライオン公園上半身下半身動物人魚象徴

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

マーライオンの関連情報