ミカエリス-メンテンの式(読み)ミカエリスメンテンノシキ

  • Michaelis-Menten equation

化学辞典 第2版の解説

酵素反応の解析に用いられる基本的な式.L. Michaelis(ミカエリス)とM.L. Mentenは,酵母インベルターゼによるショ糖の加水分解反応の速度を測定し,その結果から式(1)に示すように,まず酵素(E)が基質(S)と結合して酵素-基質複合体(ES)を形成し,次に式(2)に従って反応生成物(P)を生じるとともに酵素が遊離する2段階の反応機構を提唱した.式(1)を平衡反応式と考え,式(3)で示される反応速度式を得,ミカエリス-メンテンの式と名づけた.

ここで,υは反応速度,Km はESの解離定数,Sは基質濃度,Vは基質が十分存在するときの反応速度を表す.Vおよび Km は酵素の触媒能を表す尺度となる.その後,G.E. BriggesとJ.B.S. Haldeneは,ESの濃度変化が基質のそれに比べて十分小さいことから,定常動力学にもとづいて同様の速度式を得た.ただし,

Km = (k2k3)/k1
であり,ミカエリス定数とよばれる.この場合,k2k3 に比べて十分に大きければ,ミカエリス-メンテンの式の Km と一致し,ESの解離定数である.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android