コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミカンノトゲコナジラミ Alemocanthus spiniferus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミカンノトゲコナジラミ
Alemocanthus spiniferus

半翅目同翅亜目コナジラミ科。蛹殻は長さ約 1mmの長楕円形,黒色で光沢があり,中央部は縦に隆起し,周縁は白ろう分泌物で縁どられる。胸部背面には 10本の刺毛があり,体の亜縁部にも雄では 11対の,雌では 10対の刺毛がある。成虫は橙黄色で有翅。前翅は紫褐色で外縁に白色紋があるが,後翅は淡褐色で前翅より小さい。柑橘類の葉裏について害を与える。本州,四国,九州,中国などに分布する。 (→コナジラミ )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ミカンノトゲコナジラミの関連キーワードヒメコバチツヤコバチ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android