コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミカンノトゲコナジラミ Alemocanthus spiniferus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミカンノトゲコナジラミ
Alemocanthus spiniferus

半翅目同翅亜目コナジラミ科。蛹殻は長さ約 1mmの長楕円形,黒色で光沢があり,中央部は縦に隆起し,周縁は白ろう分泌物で縁どられる。胸部背面には 10本の刺毛があり,体の亜縁部にも雄では 11対の,雌では 10対の刺毛がある。成虫は橙黄色で有翅。前翅は紫褐色で外縁に白色紋があるが,後翅は淡褐色で前翅より小さい。柑橘類の葉裏について害を与える。本州,四国,九州,中国などに分布する。 (→コナジラミ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android