コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刺毛 しもうbristle; hair; seta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

刺毛
しもう
bristle; hair; seta

昆虫の体表に生じる腺毛の1種。通常中空で内腔には尿酸ギ酸などを含み,皮膚に触れると疼痛を引起す。ドクガイラガ幼虫などでは毒腺細胞と組合わさって毒刺となっている。

刺毛
しもう
stinging hair

植物の細胞膜が通常より厚くなったのこと。多くは毒物質を含む。イラクサカナムグラなどに生じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

し‐もう【刺毛】

植物の表皮にあるとげ状の毛。イラクサなどにみられる。
昆虫の体にある毛状の突起。また、ドクガなどの幼虫のもつ、毒腺につながるとげ状の毛。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しもう【刺毛】

植物の表皮にあるかたい毛。毛の内部に刺激性の液を蓄えている。イラクサのとげなど。
ドクガ科・イラガ科などの幼虫の体表にある腺毛の一種。ヒトの皮膚などに刺さると刺激性の液を浸出する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

刺毛
しもう

生物体の表面にあって、触れたものに刺激や傷害を与える毛状突起をいう。植物の刺毛は、表皮組織に由来する毛の一種である。イラクサの刺毛では、先端部がケイ酸質化、基部が石灰化して、鋭い毛細管となっているばかりでなく、ヒスタミンやアセチルコリンなどの刺激性物質を含む。動物では、昆虫の体壁より突出したクチクラの小毛を刺毛という。ドクガなどの幼虫にある刺毛は毒腺(どくせん)をもち、毒刺(どくし)(毒針毛(どくしんもう))ともいわれる。毒刺は、尿酸やギ酸などを含むといわれる毒液を満たし、ヒトなどに触れれば皮膚に刺さって折れ、発赤や痛みを与える。[村上 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の刺毛の言及

【毛】より

…このような毛の流れを逆向きにたどると頭頂部で渦巻となるが,これがいわゆる“つむじ”である。【山内 昭雄】
【無脊椎動物の毛】
 昆虫の皮膚の真皮細胞から生じる細い毛状突起を剛毛setaまたは刺毛hairという。普通は中空であるが,ドクガやイラガの幼虫の毛(毒刺)には毒液が満ちていて,ヒトの皮膚に突き刺さればたやすく折れて毒液がしみ出るので,赤くはれ,はげしい痛みを感じる。…

※「刺毛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

刺毛の関連キーワードテングノシャモジ(天狗の杓文字)ケハダヒザラガイ(毛膚石鼈貝)ツノケイソウ(角ケイ藻)ヘビノボラズ(蛇登らず)ミカンノトゲコナジラミヤネホソバ(屋根細翅)オオミズアオ(大水青)クスダマカビ(薬玉黴)ママコナ(飯子菜)ナンキョクオキアミカレハガ(枯葉蛾)ヒロハヘビノボラズショウジョウバエイワタケ(岩茸)フサオヤマアラシムカゴイラクサホソバイラクサマメハンミョウ土椿象・土亀虫ヒゲブトコバエ