コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミサ曲ロ短調

デジタル大辞泉プラスの解説

ミサ曲ロ短調

ドイツの作曲家J・S・バッハミサ曲(1724、49)。原題《h-Moll-Messe》。『ロ短調ミサ曲』とも呼ばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

ミサきょくろたんちょう〔‐キヨクろタンテウ〕【ミサ曲ロ短調】

《原題、〈ドイツ〉h-Moll-Messeバッハのミサ曲。1749年に完成。全27曲。バッハの傑作の一つに数えられる。2015年、自筆楽譜が世界の記憶に登録された。ロ短調ミサ曲。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ミサ曲ロ短調の関連キーワードバッハ(Johann Sebastian Bach)J・S・バッハ(年譜)ハインツ レーフス

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android