ミゾレブダイ(読み)みぞれぶだい(英語表記)marbled parrotfish

  • Leptoscarus vaigiensis
  • みぞれぶだい / 霙不鯛
  • 霙武鯛
  • 霙部鯛

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硬骨魚綱スズキ目ブダイ科に属する海水魚。和歌山、高知県柏島、愛媛県、鹿児島県、奄美(あまみ)大島、南西諸島、太平洋、インド洋に分布する。体は細長く、一般のブダイの体形と異なる。頭部は丸い。尾びれの後端は円い。雄では上顎(じょうがく)歯板の外側に数本の犬歯状の歯が並ぶ。体色は暗黄緑色で、体側の中央に白色帯が水平に走る。雌の体色は雄と大差がないが、各鱗(うろこ)の中心部が黒い。体長は35センチメートルほどになる。サンゴ礁域で水草群落のなかにすむ。水草類を食べる。浅い海草域で群またはつがい産卵する。この類では珍しい、性転換をしない種である。

[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android