コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミッドシップ方式 ミッドシップほうしき

百科事典マイペディアの解説

ミッドシップ方式【ミッドシップほうしき】

自動車における駆動装置の配置法の一つで,エンジンを後車軸前方に置いて後輪を駆動する方式をいう。エンジンが車体の重心位置付近にあるため,ハンドル操作に対する車両の応答性に優れる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のミッドシップ方式の言及

【自動車】より

…RR方式ともいい,かつて軽自動車などに用いられていたが,現在はバスにみられる程度である。(4)後車軸前方にエンジンを置き,後輪を駆動するミッドシップ方式。後部座席にエンジンが位置するため乗員は前席2名となる。…

※「ミッドシップ方式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ミッドシップ方式の関連キーワード自動車