コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミツバチシラミバエ(蜜蜂虱蠅) ミツバチシラミバエbee louse

世界大百科事典 第2版の解説

ミツバチシラミバエ【ミツバチシラミバエ(蜜蜂虱蠅) bee louse】

双翅目ミツバチシラミバエ科の昆虫。ミツバチを飼っているところではどこでも見られる。小型で,体長約1.5mm,クモバエに似て翅と複眼を欠くが,平均棍をもっている。ミツバチの胸部に寄生し,一見ダニのように見える。脚には剛毛を密生し,それと跗節(ふせつ)の櫛(くし)状の剛毛は,ミツバチの体の剛毛に固着するのに適している。卵生。成虫はミツバチの吐き出すみつやローヤルゼリーをなめるといわれている。卵はミツバチの育房に産みつけられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android