コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミツバチシラミバエ(蜜蜂虱蠅) ミツバチシラミバエ bee louse

1件 の用語解説(ミツバチシラミバエ(蜜蜂虱蠅)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ミツバチシラミバエ【ミツバチシラミバエ(蜜蜂虱蠅) bee louse】

双翅目ミツバチシラミバエ科の昆虫。ミツバチを飼っているところではどこでも見られる。小型で,体長約1.5mm,クモバエに似て翅と複眼を欠くが,平均棍をもっている。ミツバチの胸部に寄生し,一見ダニのように見える。脚には剛毛を密生し,それと跗節(ふせつ)の櫛(くし)状の剛毛は,ミツバチの体の剛毛に固着するのに適している。卵生。成虫はミツバチの吐き出すみつやローヤルゼリーをなめるといわれている。卵はミツバチの育房に産みつけられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ミツバチシラミバエ(蜜蜂虱蠅)の関連キーワード刺蠅蜂蜜蛾蜜蜂三つば四つば実蠅虱蠅西洋蜜蜂蚤蠅羊蠅カブラミツバ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone