コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

平均棍 へいきんこんhaltere; balancer

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

平均棍
へいきんこん
haltere; balancer

ハエやカなど双翅類昆虫の胸部にある棍棒状の可動体。後翅が退化したもので,飛翔の際前とともに振動する。また静止中に独立して動く。体軸の回転に感じる平衡器官と考えられているほか,飛翔運動に関係する一種の鼓膜器官であるという説がある。平均棍を取除くと,飛翔が著しく不安定になるという。ネジレバネ (撚翅) 類の昆虫では前翅が平均棍に変形しているが,これは偽平均棍とも呼ばれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

へいきん‐こん【平均×棍】

ハエ・カ・アブの後ろ翅(ばね)が小さくなり、棍棒(こんぼう)状に変化したもの。可動で、飛翔(ひしょう)のさい平衡をつかさどる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

へいきんこん【平均棍 haltere】

アブ,カ,ハエなど双翅(そうし)類の昆虫の後翅は変形して末端がふくらんだ棍棒状となり,平均棍となっている。飛行中,この平均棍は前翅と同じ振動数で上下に振子のように振動する。これを固定したり,除いたりすると昆虫はただちに落下するので,飛行時のからだの平衡を保つ作用をしていることがわかる。この安定作用は,一部は平均棍自体の運動によるジャイロスコープ効果による可能性もあるが,主としてその基部に多数並んだ鐘状感覚子campaniform sensillaというひずみ感受型の感覚細胞のはたらきを通じての反射作用によることがわかっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の平均棍の言及

【昆虫】より

…この傾向をおし進めたのが甲虫類で,その前翅は硬い革質の鞘翅(しようし)となって体を保護している。別の特化として双翅目では後翅を微小な平均棍(こん)に変えてしまった。この舵つき単葉機を開発した双翅類の中に,ホバリングなどの最高の航空技術を行いうるグループが含まれている。…

【双翅類】より

…dipteraもラテン語で2枚の翅の意で,アリストテレスの用法のラテン訳にもとづき,リンネが二名法を提唱して以来,この目の名称として用いられている。一般に,昆虫類は4枚の翅をもっているが,双翅類では前翅のみが発達し,後翅は萎縮して平均棍と呼ばれる突起となっている。双翅類をわかりやすくいうと,われわれの生活と密接な関係のあるカ,アブ,ハエの類のことである。…

【平衡感覚】より

…ゴキブリなどでは尾角上にある感覚毛のうち棍棒(こんぼう)状のものが,重力感覚器として役だっているとされている。ハエ,カなど双翅(そうし)類には飛行中の平衡保持のため後翅の変形した平均棍とよぶ器官がある。【久田 光彦】。…

※「平均棍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

平均棍の関連キーワードミツバチシラミバエ(蜜蜂虱蠅)キリウジガガンボ(切蛆大蚊)ショウジョウバエミカドカガンボホメオボックスネジレバネ類ユキガガンボミギワバエハエ(蠅)蠅目

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android