コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミツラー Lorenz Christoph Mizler

世界大百科事典 第2版の解説

ミツラー【Lorenz Christoph Mizler】

1711‐78
ドイツの音楽評論家。1731年にライプチヒ大学に入学し,神学,哲学を学ぶ。在学中にJ.S.バッハに作曲を習ったといわれる。エルフルト大学から医学博士号を贈られるとか,ワルシャワで宮廷顧問官を務めてポーランド貴族に列せられるなど,その活躍は多方面に及ぶが,今日特記すべき業績としてあげられるのは,36年に,当時としては珍しかった音楽雑誌《新設音楽文庫Neu eröffnete musikalische Bibliothek》を創刊したことと,バッハやヘンデルも入会した音楽学協会を38年に設立したことである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ミツラーの関連キーワード浮世草子佩文韻府秋山角左衛門御当家令条佩文韻府正徳ヨーゼフ1世会津農書江島其磧高知県の建設業