ミハイル タタルニコフ(英語表記)Mikhail Tatarnikov

現代外国人名録2016の解説

ミハイル タタルニコフ
Mikhail Tatarnikov

職業・肩書
指揮者,バイオリニスト ミハイロフスキー劇場管弦楽団音楽監督・首席指揮者

国籍
ロシア

学歴
サンクトペテルブルク高等音楽院卒

受賞
ゴールデン・ソフィット賞〔2013年〕

経歴
マリインスキー劇場のバイオリニストから2006年同劇場で指揮者デビュー。2007年には「3つのオレンジへの恋」(プロコフィエフ)でオペラ指揮者としてデビュー。その後もヴァレリー・ゲルギエフのアシスタントとして重要な公演に関わり、若手のホープとして活躍。2010年東京交響楽団の招きで来日し、「ベートーヴェン交響曲第4番」を指揮。2012年ミハイロフスキー劇場管弦楽団音楽監督兼首席指揮者に就任。2013年サンクトペテルブルクで名誉ある指揮者に贈られるゴールデン・ソフィット賞を受賞。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android