コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミュンヘンの新市庁舎 ミュンヘンのしんしちょうしゃ

1件 の用語解説(ミュンヘンの新市庁舎の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ミュンヘンのしんしちょうしゃ【ミュンヘンの新市庁舎】

ドイツ南部、バイエルン州の州都ミュンヘン(München)市街中心部のマリエン広場にある、同市の市役所の建物。1867~1908年にかけて建設されたネオゴシック様式の建物で、3つの建物からなる。中央の高さ85mの塔にある仕掛け時計グロッケンシュピール(Glockenspiel)が、新市庁舎の最も有名な見どころといわれる。ドイツ国内では最大、ヨーロッパ全体では5番目に大きい仕掛け時計である。毎日11時、12時、17時からの約10分間、仕掛けが動き出す。人間とほぼ同じ大きさの32体の人形が、1568年のバイエルン大公ヴィルヘルム5世とロートリンゲンロレーヌ)の公女レナーテとの結婚式の様子を演じる。また、21時には時計の左側の出窓からホルンを鳴らす夜警の人形が、右側の出窓からはミュンヘンのシンボルの「ミュンヘン小僧」が登場する。なお、同じマリエン広場に面した白い建物が旧市庁舎である。戦後再建・復元された、1417年完成のゴシック様式の建物で、その塔は現在、おもちゃ博物館として使用されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ミュンヘンの新市庁舎の関連キーワードランツフートバイエルン聖ミヒャエル教会ニンフェンブルク城フラウエン教会プリーンホフブロイハウスマリエン広場南ドイツ新聞ミュンヘンマラソン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone