コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夜警 やけいNight watch

翻訳|Night watch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

夜警
やけい
Night watch

レンブラントの 1642年の作品,アムステルダム国立美術館蔵。正式名称『フランス・バニング・コック隊長の市隊』。アムステルダムのマスケット銃組合の集団肖像画。コック隊長が副隊長に出発命令を指示したところを描く。通常の集団肖像画の並列的な手法をとらず,隊の動きのなかでとらえている。ただし「夜警」と呼びならわされているが,1946年に作品を洗浄したところ画面が明るくなり,昼間の光景であることが明らかになった。また総勢 31人が描かれているが,このうち 16~18人が彼に 100ギルダーずつ支払って注文したという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

夜警

赤川次郎の長編ホラーサスペンス。2007年刊行。

夜警

オランダの画家レンブラント・ファン・レインの絵画(1642)。原題《De Nachtwacht》。アムステルダムの自警団を描いた集団的肖像画。実際は昼の情景を描いたものだが、絵画表面のニスが変色したため、『夜警』という通称で呼ばれるようになった。アムステルダム国立美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やけい【夜警】

夜間に,公共の建物,企業,町内などを見回り,火事や犯罪の警戒をすること,またその人をいう。
[西洋]
 古代の夜警としてはギリシアやローマに見張番や不寝番師団があり,夜間の騒音や犯罪の防止,とりわけ火災予防に当たっていた。中世には,すでにカール大帝が自由人に一般の軍役のほかに夜間の見張りを義務づけている。国の秩序の維持と都市や城塞警備,帝国国境の警備が主たる内容で,遠征に赴くことのできない貧しい人々にも夜警の義務が課されていた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

やけい【夜警】

夜、火災や盗難などの警備をすること。また、その人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の夜警の言及

【賤民】より

…例えば刑吏は人間社会の秩序を維持するうえで不可欠な存在であるが,これは生と死の狭間に生きる存在として,共同体の外の死の世界と接触をもっている限りで怖れの対象となり,賤視される存在となる。墓掘り人,浴場主(外科医を兼ねる),夜の世界に生きる夜警などはみな,死,彼岸,死者に対する儀礼とかかわる点で怖れと賤視の対象となる存在であった。 亜麻布織工(アマ),粉挽き,娼婦などはいずれも狭義の共同体から排除された存在として中世において賤視の対象であったが,これらの人々も成長,豊穣,性(エロス)などとかかわる存在であった。…

【番太郎】より

…江戸で番太または番太郎と呼ばれたのは,町の出入口に置かれた木戸番である。木戸番の仕事は,夜の四ッ時(午後10時)ごろに木戸を閉じ通行人をチェックしたり,夜間には拍子木を打って町内の夜警に回った。また将軍の〈御成(おなり)〉のあることや,町触(まちぶれ)のあること,あるいは御免勧化(ごめんかんげ)(勧進)の来たことなどを,鉄棒を引いて町内に知らせて回った。…

※「夜警」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

夜警の関連キーワードマーティン フリーマンオリヴィエ マルシャルボナベントゥラの夜警ディンゲルシュテット金棒引き・鉄棒引きプラエフェクツスわにとかげぎすファルクバルゲ割り竹・割竹ウオッチマンジェーコブズスカエウォラ安価な政府小さな政府ラサール中村直三宿直奏し職能国家ビーバー福祉国家

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夜警の関連情報