コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミングレル族 ミングレルぞくMingrelian

世界大百科事典 第2版の解説

ミングレルぞく【ミングレル族 Mingrelian】

グルジア人の一種族。ロシア語ではメグレル族Megrel。古代に黒海沿岸で栄えたコルキス王国の遺民である。現在ではリオニ川右岸とホビ,イングリなどの河川盆地に,また緊密な集団をなしてアブハジアに住む。カルト人,スバン人などとともにグルジア民族形成の主要な母体となった。16世紀中葉,領主ダディアニ家はイメレティア・グルジア王国から事実上独立して,アブハジアにも支配権を及ぼし,その領域はサメグレロと呼ばれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android