コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムザファルナガル Muzaffarnagar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムザファルナガル
Muzaffarnagar

インド北部,ウッタルプラデーシュ州北西部の都市。デリー北北東約 100km,シバーリク山脈南麓の丘陵地に位置。 17世紀前半に,太守カーン・イ・ジャハーンが建設し,父ムザファル・カーンにちなんで命名。コムギサトウキビ,綿花を集散,加工するほか,毛布を産する。アーグラ大学のカレッジが数校ある。人口 24万 57 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ムザファルナガルの関連キーワードドアーブ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android