コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムジナもん

デジタル大辞泉プラスの解説

ムジナもん

埼玉県羽生市で主に活動する地域キャラクター。2003年登場。市内の宝蔵寺沼(国の天然記念物)に自生する食虫植物ムジナモ」と、伝説の妖怪「むじな」を組み合わせたイメージ。父は「ムジナ三五八(さごはち)」、母は「ムジナいが」、妹は「ムジナあんびん」。母の名、妹の名は同地の銘菓「いがまんじゅう」と「塩あんびん」にちなむ。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

ムジナもんの関連キーワードイナゴージャスしらさぎ婦人埼玉県羽生市ザリガニ博士フナどんいたっち

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ムジナもんの関連情報