コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムジナもん

1件 の用語解説(ムジナもんの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

ムジナもん

埼玉県羽生市で主に活動する地域キャラクター。2003年登場。市内の宝蔵寺沼(国の天然記念物)に自生する食虫植物ムジナモ」と、伝説の妖怪「むじな」を組み合わせイメージ。父は「ムジナ三五八(さごはち)」、母は「ムジナいが」、妹は「ムジナあんびん」。母の名、妹の名は同地の銘菓「いがまんじゅう」と「塩あんびん」にちなむ。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムジナもんの関連キーワードアッピーいがまんちゃんいたっちイナゴージャスザリガニ博士しらさぎ婦人フナどんムジナあんびんムジナいがムジナ三五八

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ムジナもんの関連情報