コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食虫植物 しょくちゅうしょくぶつ insectivorous plant

6件 の用語解説(食虫植物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

食虫植物
しょくちゅうしょくぶつ
insectivorous plant

特別の器官によって小動物を捕え,消化してみずからの栄養源としている植物。捕虫器官には次のものがある。 (1) ヘイシソウウツボカズラのように葉が嚢状に変化し,その中に陥落した虫を捕えるもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しょくちゅう‐しょくぶつ【食虫植物】

昆虫などの小動物を捕らえて消化吸収する植物。葉が変形した捕虫葉をもつ。葉に粘液を出す腺毛(せんもう)があるモウセンゴケムシトリスミレ、葉の一部が袋状になり、底に落ちた虫を消化液で消化するウツボカズラ、虫が触れると葉を閉じるハエジゴクなど。食肉植物

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

食虫植物【しょくちゅうしょくぶつ】

昆虫などの小動物を捕らえてこれを消化し,養分の一部にする植物。一般に湿度が高く,強酸性のやせた土壌で,しかも日当りのいい場所に生育する。モウセンゴケ科タヌキモ科,ウツボカズラ科,サラセニア科などに属し,捕虫葉が発達して虫を捕らえる。
→関連項目ウツボカズラハエジゴクムシトリスミレモウセンゴケ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しょくちゅうしょくぶつ【食虫植物 insectivorous plant】

小動物を捕らえ,消化し,養分の一部として吸収する高等植物の一群。肉食植物carnivorous plantともいう。すべて独立栄養者として,葉や茎にクロロフィルをもち光合成を行う一方,従属栄養的な性質ももち,獲物の小動物から窒素やリン等を摂取する。世界で,モウセンゴケ科(モウセンゴケ属約90種,モウセンゴケモドキ属1種,ハエトリグサ属1種,ムジナモ属1種),サラセニア科(サラセニア属8種,ランチュウソウ属1種,キツネノメシガイソウ属約10種),ウツボカズラ科(ウツボカズラ属約70種),フクロユキノシタ科(フクロユキノシタ属1種),ビブリス科(ビブリス属2種),ディオンコフィル科(トリフィオフィルム属1種),タヌキモ科(ムシトリスミレ属47種,タヌキモ属約150種,ゲンリセア属約15種,ビオブラリア属1種,ポリポンポリックス属2種)が知られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しょくちゅうしょくぶつ【食虫植物】

昆虫などの小動物を捕らえて消化し、養分の一部とする植物。特別な捕虫葉や腺毛・蜜腺が発達している。モウセンゴケ科・タヌキモ科・ウツボカズラ科の植物など。食肉植物。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

食虫植物
しょくちゅうしょくぶつ

昆虫や小動物をとらえ、消化、吸収して栄養をとる植物の一群。日本では2科4属、約20種が知られる。食虫植物は普通の植物と同じように光合成、窒素同化を行って独立栄養の生活をするが、尾瀬ヶ原(おぜがはら)湿原のような窒素分を欠いた酸性の土壌条件のもとでも多くの種は生活が可能である。食虫植物の捕虫の仕方には、とりもち式(モウセンゴケ、イシモチソウなど)、わな式(タヌキモ、ミミカキグサなど)、落し穴式(ウツボカズラなど。日本産の種類はない)などがある。とりもち式とは、葉の表面や縁に粘液を分泌する腺毛(せんもう)によって昆虫などを捕食するもので、モウセンゴケでは、葉縁にある長い触毛に実験的に卵白片をつけると、すぐに屈曲運動がおこり獲物を取り囲む。また、葉の中央部には獲物を運ぶ働きもみられる。触毛の先端の粘液は酸性となり、獲物は溶かされ、葉面から吸収される。わな式とは、捕虫嚢(のう)や開閉する捕虫葉をもつもので、水生の食虫植物であるタヌキモでは捕虫嚢があり、その中の水を排水し、低圧状態となって虫を待つ。虫が接触すると穴が開いて獲物を吸い込む。また、ハエジゴクなどでは、葉の表面に数本の毛が生えており、虫が触れるとすぐに葉を閉じて、これをとらえる。落し穴式とは、筒型とか袋状の器官に蜜腺(みつせん)をもち、これで虫を誘い、落ち込んだところをとらえるもので、ウツボカズラのほか、サラセニアなどがある。
 生態的にみると、ノハナショウブやサギソウなどの美しい花を咲かせる暖温帯の湿原は食虫植物のよい生育地である。このような所では、比較的地下水位の高い湿った場所にモウセンゴケやナガバノイシモチソウなど、比較的地下水位の低い乾いた場所にコモウセンゴケやイシモチソウなどといったすみ分けがみられる。また、暖温帯の食虫植物を産する湿原には、遷移の進行によってススキなどの中生植物が侵入し、やがてマツ林などの陽樹林に移り変わり、食虫植物はそのすみかを追われてしまう。このようなすみかを維持していくためには、湿原の水位の調節、アシなどの刈り取り、芝やススキのはぎ取りのほか、ときには芝焼きなどの管理がたいせつとなる。また、尾瀬ヶ原湿原などでは、ハイカーの踏みつけなどによる破壊もおこりうるので、食虫植物の生活を守るための細かい配慮も必要となっている。[小滝一夫]
『小宮定志・清水清著『食虫植物――栽培と観察実験』(1978・ニュー・サイエンス社) ▽鈴木吉五郎著『食虫植物』(1957・加島書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食虫植物の関連キーワードサラセニア投縄叉棘鷙鳥簀引き跳鯊泥棒を捕らえて縄を綯う水蠆目を掩うて雀を捕らうテリア[種]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

食虫植物の関連情報