コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムチウミエラ(鞭海鰓) ムチウミエラ Funiculina quadrangularis

1件 の用語解説(ムチウミエラ(鞭海鰓)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ムチウミエラ【ムチウミエラ(鞭海鰓) Funiculina quadrangularis】

花虫綱ムチウミエラ科の腔腸動物(刺胞動物)。日本各地に分布していて,水深30~150mの海底に柄部で立っている。全形は象牙白色のむち状で軸部と柄部からなり,軸部がわずかにらせん状に巻いている。長さ1mに達するが,幅は2mmにすぎない。体の大部分は四角状の骨軸で占められていて,その上に長さ4~5mmのポリプ不規則な斜横列になって密生する。しかし,柄部近くではポリプの発育が悪くて,左右1縦列のみがみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のムチウミエラ(鞭海鰓)の言及

【ウミエラ(海鰓)】より

…幹部の背側を走る溝の中にトゲワラエビがすむことがある。 ウミエラ類には浅海から深海までいろいろな種類があり,大きなものでは長さ1mになるムチウミエラFuniculina quadrangularisや,全体が細長く長さ2mになるオオヤナギウミエラBalticina finmarchicaなどがあり,またトゲウミエラPteroeides sparmanniでは葉状体から棒状の骨片が突出しており,ヒカリウミエラPennatula phosphoreaは葉状体が細長くて羽状になり発光する。いずれも雌雄同体。…

【ウミエラ(海鰓)】より

…幹部の背側を走る溝の中にトゲワラエビがすむことがある。 ウミエラ類には浅海から深海までいろいろな種類があり,大きなものでは長さ1mになるムチウミエラFuniculina quadrangularisや,全体が細長く長さ2mになるオオヤナギウミエラBalticina finmarchicaなどがあり,またトゲウミエラPteroeides sparmanniでは葉状体から棒状の骨片が突出しており,ヒカリウミエラPennatula phosphoreaは葉状体が細長くて羽状になり発光する。いずれも雌雄同体。…

※「ムチウミエラ(鞭海鰓)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ムチウミエラ(鞭海鰓)の関連キーワード花虫類腔腸動物刺胞刺胞動物海鰓海唐松珊瑚八放珊瑚海サボテン柳海鰓

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone