ムチウミエラ(鞭海鰓)(読み)ムチウミエラ(英語表記)Funiculina quadrangularis

世界大百科事典 第2版の解説

ムチウミエラ【ムチウミエラ(鞭海鰓) Funiculina quadrangularis】

花虫綱ムチウミエラ科の腔腸動物(刺胞動物)。日本各地に分布していて,水深30~150mの海底に柄部で立っている。全形は象牙白色のむち状で軸部と柄部からなり,軸部がわずかにらせん状に巻いている。長さ1mに達するが,幅は2mmにすぎない。体の大部分は四角状の骨軸で占められていて,その上に長さ4~5mmのポリプが不規則な斜横列になって密生する。しかし,柄部近くではポリプの発育が悪くて,左右1縦列のみがみられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のムチウミエラ(鞭海鰓)の言及

【ウミエラ(海鰓)】より

…幹部の背側を走る溝の中にトゲワラエビがすむことがある。 ウミエラ類には浅海から深海までいろいろな種類があり,大きなものでは長さ1mになるムチウミエラFuniculina quadrangularisや,全体が細長く長さ2mになるオオヤナギウミエラBalticina finmarchicaなどがあり,またトゲウミエラPteroeides sparmanniでは葉状体から棒状の骨片が突出しており,ヒカリウミエラPennatula phosphoreaは葉状体が細長くて羽状になり発光する。いずれも雌雄同体。…

【ウミエラ(海鰓)】より

…幹部の背側を走る溝の中にトゲワラエビがすむことがある。 ウミエラ類には浅海から深海までいろいろな種類があり,大きなものでは長さ1mになるムチウミエラFuniculina quadrangularisや,全体が細長く長さ2mになるオオヤナギウミエラBalticina finmarchicaなどがあり,またトゲウミエラPteroeides sparmanniでは葉状体から棒状の骨片が突出しており,ヒカリウミエラPennatula phosphoreaは葉状体が細長くて羽状になり発光する。いずれも雌雄同体。…

※「ムチウミエラ(鞭海鰓)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android