コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムッラー mullā

世界大百科事典 第2版の解説

ムッラー【mullā】

アラビア語のマウラーmawlā(〈主人〉〈味方〉等の意,マワーリーの単数形)がペルシア語に転訛した語。ペルシア語においてこの語は多義的に用いられる。(1)本来,イスラムの宗教諸学に深く通じた人に対する尊称として用いられる。ムッラー・ハーディー・サブザワーリーに冠せられるムッラーの語はこの意味である。(2)イラン各地のクッターブ(寺子屋)で児童に読み書きやコーランを教える人をムッラーと呼ぶ。ムッラーと呼ばれる人々は,コム,マシュハドなどにある学院(マドラサ)で一定の宗教教育を修了した人々である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android