コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺子屋 てらこや

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寺子屋
てらこや

江戸時代,庶民の子供に読,書,算の初歩を授けた私設の教育機関。日本では中世に入ると寺院が庶民の世俗教育も担当するようになった。その場合子供たちは6,7歳ぐらいから寺院に住込んで学習生活をおくった。この学習のために寺院に住込む子供たちを寺子といった。近世に入るとこの寺子の教育は寺院を離れて巷間で行われるようになったが,寺子の言葉はそのまま残され,子供を教える施設を寺子屋と呼ぶようになった。手習い (習字) を主とし,「手習師匠」とも呼ばれた。幕末維新期には都市はもとより全国の農山村にまで広く普及し,明治初期の小学校の母体となった。

寺子屋
てらこや

浄瑠璃『菅原伝授手習鑑』の4段目の切 (きり) 。延享3 (1746) 年竹本座初演。三好松洛,並木千柳,1世竹田出雲が三人三様の趣向で親子の別れを競作したうちの一つで,この部分は出雲作といわれる。松王の妻千代が一子小太郎を連れてくる「寺入り」,かくまっている菅丞相 (道真) の嫡子・菅秀才の首を討てと時平方から命ぜられて武部源蔵が戻ってくる「源蔵戻り」,首実検役の松王は首を見ながら相違なしと認めて去るが,その首は身替りの小太郎のものであった「首実検」,松王が源蔵に心底を明かす「松王の泣き笑い」,松王夫婦がわが子の野辺の送りをする「いろは送り」,など見どころ聴きどころが多い。松王夫婦の扮装が変るのも美しい演出で,歌舞伎でもしばしば上演される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

てらこ‐や【寺子屋/寺小屋】

江戸時代の庶民の教育施設。僧侶・武士・神官・医者などが師となり、読み・書き・そろばんを教えた。教科書は「庭訓(ていきん)往来」「童子教」など。明治以後、義務教育の普及によって消滅。寺。寺屋
(寺子屋)浄瑠璃「菅原伝授手習鑑」の四段目の切(きり)の通称。松王丸が一子小太郎を菅秀才身代わりに立て苦衷を示すもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

寺子屋【てらこや】

菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

てらこや【寺子屋】

江戸時代の庶民のための初等教育機関。武士・僧侶・医者・神職などが師となり、手習い・読み方・そろばんなどを教えた。寺。寺屋。
浄瑠璃「菅原伝授手習鑑てならいかがみ」の四段目の通称。寺子屋を開きながら菅原道真の子菅秀才をかくまう武部源蔵夫婦と、自分の子を秀才の身代わりにする松王丸夫婦の悲劇。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

寺子屋の関連キーワードハナと寺子屋のなかまたち 三八塾ものがたり静岡県駿東郡小山町菅沼豊竹若太夫(2世)藩校/寺子屋/私塾坂東彦三郎(8代)スリーアールズ世界寺子屋運動上田 五万楽水毛生伊余門有田村武一テレビ静岡長谷川謹造手習い師匠元谷朋子小椋麗華庭訓往来中野業国乙竹岩造智慧諦定菅原道真

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寺子屋の関連情報