コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寺子屋 てらこや

6件 の用語解説(寺子屋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

寺子屋
てらこや

江戸時代,庶民の子供に読,書,算の初歩を授けた私設の教育機関。日本では中世に入ると寺院が庶民の世俗教育も担当するようになった。その場合子供たちは6,7歳ぐらいから寺院に住込んで学習生活をおくった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

寺子屋
てらこや

浄瑠璃『菅原伝授手習鑑』の4段目の切 (きり) 。延享3 (1746) 年竹本座初演。三好松洛並木千柳,1世竹田出雲三人三様の趣向で親子の別れを競作したうちの一つで,この部分は出雲作といわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

てらこ‐や【寺子屋/寺小屋】

江戸時代の庶民の教育施設。僧侶・武士・神官・医者などが師となり、読み・書き・そろばんを教えた。教科書は「庭訓(ていきん)往来」「童子教」など。明治以後、義務教育の普及によって消滅。寺。寺屋。
(寺子屋)浄瑠璃「菅原伝授手習鑑」の四段目の切(きり)の通称。松王丸が一子小太郎菅秀才身代わりに立て苦衷を示すもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

寺子屋【てらこや】

菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

防府市歴史用語集の解説

寺子屋

 江戸時代、庶民のためにつくられた学校です。読み・書き・そろばんを中心に教えられていました。武士や僧侶・医者などが教えていたようです。

出典|ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

てらこや【寺子屋】

江戸時代の庶民のための初等教育機関。武士・僧侶・医者・神職などが師となり、手習い・読み方・そろばんなどを教えた。寺。寺屋。
浄瑠璃「菅原伝授手習鑑てならいかがみ」の四段目の通称。寺子屋を開きながら菅原道真の子菅秀才をかくまう武部源蔵夫婦と、自分の子を秀才の身代わりにする松王丸夫婦の悲劇。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

寺子屋の関連キーワードあいびき/江戸の女たち侍よさらば/江戸・明治元年桜江〈町〉江川町江木町江島町江洲江西町江里町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

寺子屋の関連情報